前へ
次へ

朝目覚めたらモーニングコーヒーよりも常温の水を飲む

ぽっこりお腹は女子にとって大敵ですが、お腹の中に不要なものが溜まっているサインです。
スッキリお腹にするためにも、朝目覚めたらまずは、お水をコップに1杯飲むようにします。
睡眠中に人間の体内からは、たくさんの水分が蒸発をされていて、起きた時にな以内は水分不足です。
自覚症状を感じる事はないものの、就寝の発汗で体内は殻からであり、水分が足りないと体内の巡りもよくはありません。
目が覚めたらモーニングコーヒーではなく、まずは常温の水を飲む習慣をつけることです。
冷たいお水は腸を刺激しますが、内側を冷やしてしまいますので、氷水などではなく常温の水を飲みます。
水分の少ない脱水状態の体内にままにしてしまうと、老廃物の便も乾燥で硬くなりますので、便通も悪くなってしまう負のループです。
排便がしにくくなれば、ぽっこりお腹は持続されるか、もしくはもっと目立つようになるかもしれません。
回避をするためにも、スッキリへこんだお腹にするためにも、朝起きたら常温の水です。

Page Top